白樺並木
d0105582_2321875.jpg

白樺は枝のみの寂しげな感じが似合うけど
葉の青々とした枝をつけた白樺もまた綺麗です^^

ココはまっすぐな道に白樺が並んでいる場所で
周りには牛が放牧されてのんびりとした雰囲気
天気が良ければもっと映えていたんだけど・・・
帯広からはナイタイ高原の途中に
あるので、次回また眺めてきますね♪


『十勝牧場』
[PR]
by kuroesu | 2007-06-08 23:14 | 風景 | Comments(12)
Commented by precious_m at 2007-06-08 23:27
こんばんわ。
こういう緑あふれる小径って素敵ですよね。
空気をたくさん吸いたくなりました。
オアシスですよね。
Commented by at 2007-06-09 20:14 x
こんばんは(^^)
涼しげな白樺の並木・・・歩きたい、ここ(*^^*)
私的には・・・白樺は夏だよ~夏。どんなに暑くても涼しくなれちゃう。
私の通った小学校の中庭には大きな白樺の木があって・・・夏はその木陰にみんなで集まりました(*^^*)
そうしたら高校の前庭にも白樺があってやはり夏は憩いの場。
並木になると大きくならないけど1本だけだと大きくなるみたい。
豊平公園の白樺も真夏は涼しげです。暑い日に行ってみてください。時期がよければ紫陽花とオオハンゴウソウとのコラボが見られます(^_-)
Commented by hokkaido-tairiku at 2007-06-09 22:20
きれいな白樺並木ですね。
是非一度行ってみたいです^^
道路が砂利道なところもいいですね^^
Commented by wasyou-bekkazu at 2007-06-09 23:05
どこまでも続く白樺並木がいいですね!!
ゆっくりと散歩したいです。
牛が放牧されてるんですか?
ぜひ、それも見てみたいです(^^♪
Commented by mako at 2007-06-10 00:19 x
白樺に葉っぱがつくとこんな感じになるんだ^^
白い木に新緑がとても合うのに、葉のない方がメジャーだなんてカワイソウ☆(笑)
白と黄緑の遠近感がとてもステキ♪
マイナスイオンがたっぷり出ていそう~歩いてみたいなぁ
Commented by kuroesu at 2007-06-10 20:22
☆ precious_mさん

こんばんは。
今回は時間に追われてゆっくり出来ませんでしたが
のんびり出来そうな場所ですよ^^
夏だとさらに緑に覆われ森林浴が出来そうです。
Commented by kuroesu at 2007-06-10 20:27
☆ 萌さん

こんばんは。
十勝はホントに白樺が多いですよね。
何時も並んでいる白樺しか気にならなかったけど
そんなに大きくなるんだ。
今度行ったとき、チェック入れておきますね!(笑

豊平公園ですね。
あそこはボートもあるみたいだし
夏時期に行ってみようと思っていた場所でした。
情報、ありがとうございます♪
Commented by kuroesu at 2007-06-10 20:30
☆ hokkaido-tairikuさん

そうですね~、ナイタイ高原とセットでどうぞ!(笑
昔ながらの道って感じで雰囲気十分です。

Commented by kuroesu at 2007-06-10 20:33
☆ wasyou-bekkazuさん

牧場へ行く道なので通行も多くないし
散歩しながら撮影も楽しめるかもしれませんね!
十勝は酪農王国ですから
いたるところで牛が見れます。(笑
Commented by kuroesu at 2007-06-10 20:40
☆ makoさん

白い木は緑に映えるのに、なぜでしょうね。
夏はさらに生い茂って夏場はひんやりしていそうです。
歩いていると沢山の牛に出会いますよ。
気配を感じると一斉にこちらを向くので怖いです。(笑
Commented by 木村 昇 at 2012-02-11 09:36 x
はじめまして!私は、北海道の富良野にあるホテルの従業員です。趣味でジョギングをしておりますが、今回作った自作の詩のイメージに、白樺並木のこの写真がぴったりです。もし差し支えなければこの写真のデータを送って頂けないでしょうか?!
写真屋さんで加工して額にいれて自分の部屋に飾っておきたいのです。ぜひご返事くださいませ。
edw@k4.dion.ne.jp
TEL0167-22-1161 ホテルエーデルヴェルメ
Commented by kuroesu at 2012-02-12 21:38
☆ 木村さん

こんばんは、初めまして。
上記の件はメールいたしました。
ご確認ください。
名前
URL
削除用パスワード
<< 日本海の眺め 綿毛・・・再び >>